• none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none

  • none

ピックアップ店舗

shop name新車発注センター フェイス・ファクトリ

shop nameYショップ西海パールライン店(下り:小迎IC/長崎方面)

shop nameTanaka Coffee

shop nameコミュニケーションリング

shop nameYショップ西海パールライン店(上り:江上IC/佐世保方面)

カテゴリ
ホーム >> 注目情報一覧 >> SASEBO時旅 【佐世保の旅】

平戸往還ってご存知ですか?日頃歩いている道がそれかも!?

SASEBO時旅(佐世保ときたび)ツアー「とんさんみちを歩く」に参加

SASEBO時旅(佐世保ときたび)ツアー「とんさんみちを歩く」に参加

天候は晴れ。お世辞にも快晴とはいえず、午後には雨の予報。
そんなひと時の背景もあるが、今回の背景は古き江戸時代の歴史背景。SASEBO時旅「とんさんみちを歩く」ツアーに参加。

距離だけを簡単にいうと約13km(今回は一部カット)。この距離を長いと感じるか、相応と感じるかは読んでいただく方次第。
小生は日頃の運動不足から、日々3km止まりでしたので「長い」と所感。


日頃の勉強足らずの疑問がひとつ。
何故「参勤交代」なのに、早岐より南側があるのか?謎が解けたツアーでもありました。

話は戻って、とんさんみちとは?

話は戻って、とんさんみちとは?

平戸往還のことを地元の人がそう呼んだことから名づけられたとのこと。
往還は道幅1間(180cm)の細道。平戸往還は、平戸藩主が参勤交代の時に通った古道。
今回のツアーでは、早岐駅をスタートして川棚(駅)までの区間。

番所。いわゆる「境」佐世保にもあるんですね。

番所。いわゆる「境」佐世保にもあるんですね。

大村藩と平戸藩の境。県道142号線、宮方面に向かう重尾町の一角。
その碑がひっそりと存在。舳ノ峰番所跡。江戸時代は両藩の武士が藩境を見張ったとのこと。

車の往来が多いこの道。実際、歩いたことがあっても、用心深くみることがないと気が付かない。
一歩だけ奥に入るだけで歴史を感じることができる。

往還を歩くと、そこは一面のみかん畑が広がる

往還を歩くと、そこは一面のみかん畑が広がる

山沿いの往還。整備されていない道である理由は、お殿様がキーワード。
歴史に詳しくなくとも、その理由はなんとなく理解。収穫直前?であろうみかんが出迎えてくれる。

そんな折、西海賛歌が鳴り出した。正午の時報。佐世保市民の方なら耳にしたことがある歌でしょうか。
小生は、小学5年生の時にこの歌が西海賛歌であることを弓張岳で知る。
友人からは「知らんとー?」と言われたのがその時。悔しくて覚えた。これも個人の時代背景か。

思い出に懐かしんでいた時に、休憩&昼食の時間。
みかん畑を見ながら、参加者の皆さんと打ち解ける「究極の時間」。

のぼる、上る、登る!一気に標高260m超え!

のぼる、上る、登る!一気に標高260m超え!

スナップ(↑)は実は下りです。上り時にシャッターを押す余裕がありません。
一気に上らないと、途中で止まった瞬間、後ろ向きに下山しそうになる。
この上りまでは、時空を感じることが難しいかもしれません。何故ならば、周囲が現代であるから。

小生がタイムスリップを感じはじめたのは、上りが始まってから山の中にいる時。
往還=昔の道路。そんな単純な考えであっても「歴史」を感じることができる瞬間。

宮村境一里塚跡

宮村境一里塚跡

てっぺんとったどー とは言いませんでしたが。
今回のツアーの頂上に到着。本来であれば、ここから脇道にそれて「八幡岳公園」に向かう予定であったが、今回は天候不順による視界不良が考えられたため断念。

展望台の代わりに往還途中で川棚を望む

展望台の代わりに往還途中で川棚を望む

霞かかった空を恨みながら、シャッターをきる。やはり霞む。カメラと腕のせいにしつつ画像を少し修正。

下る、下る、下る。ゆるやかに、時に急激に

下る、下る、下る。ゆるやかに、時に急激に

川種へとくだる。ゆるやかに、時に急激に。直線、蛇行。様々な地形を足に感じながら。
上りとは異なり、心に余裕も出てくる。見上げるとそこは「山中」。生い茂る木々のトンネルをまい進。

川棚駅着。そして謎解明。

川棚駅着。そして謎解明。

歴史知らずを露呈した結果だが「長崎勤番」というものがあったとのこと。
長崎奉行所に向かう公務それが長崎勤番。西の果てにある長崎は、江戸に向かう参勤交代以外の公務があった。
だから、南(彼杵)への道(往還)があったとさ。

川棚駅前の道路を見て、歴史、時代をバーチャルながら江戸に身を置いた旅が終わった気がした。

次なる時旅はドコにタイムスリップしようか。そんな次回を想像、妄想するのも醍醐味かもしれません。

SASEBO時旅は、様々な佐世保を楽しむことができます

SASEBO時旅は、様々な佐世保を楽しむことができます

佐世保に住んでいても、もちろん市外、県外の方でも佐世保を楽しむことができます。
もちろん、旅行会社のツアーも良いのですが、時旅では佐世保の髄(ズイ)を感じることができます。

様々なツアーが用意されていますので、ぜひガイドブックを手に取ってご覧ください。お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
公益財団法人 佐世保観光コンベンション協会  時旅デスク
〒857-0863 長崎県佐世保市三浦町21-1 [JR佐世保駅構内]
TEL.0956-23-7212